活動方針


総務委員会

活動方針

専務理事 松野 真也

委員長 阿部 大介

 斜里青年会議所は、明るい豊かな社会の実現に向け個性豊かな人財が集まり、多くの諸会議を重ね運動や活動を展開し、地域の発展に寄与してきました。様々な環境の変化が激しい時代に、変えるべきものは変えるという思い切った行動が組織の活性化へとつながっていきます。今後も地域の信頼に応える盤石な組織の構築や円滑な運営などから組織の活性化を図るともに、個々の能力を最大限に発揮できる持続可能な組織運営基盤が必要です。

 まずは、斜里青年会議所が時代に即した組織として、一人ひとりが能動的に取り組める環境を創出するために、議案書や書類の見直しを実務と照らし合わせて行いメンバー共通のテンプレート書類を作成する中、スケジュールなどの明確化、情報共有ツールの活用を行うことでメンバーの負担軽減及び省力化を図ります。そして、私たちの運動や活動の推進力を高めるために、データや書類などの管理、総会及び諸会議などの効率化を図ることで、組織の根幹を支え円滑な運営を行っていきます。さらに、斜里青年会議所がより一層地域に求められる存在として成長していくために、所信や各活動方針及び組織体制などを中長期ビジョンとともに伝播する場を創出し、地域諸団体や先輩諸氏並びに他LOMとつながり共感を広げていくことで、より多くの人と協力体制を強固にしていきます。また、私たちの運動や活動を地域住民はじめ多くの方からの共感を促すために、対外紙の発行やSNS媒体を活用し戦略的に存在価値を高める広報活動を行うことで、斜里青年会議所とはどのような組織なのか、どのような運動や活動を展開しているのかを周知していきます。

 斜里青年会議所は、時代に即した盤石且つ円滑な組織運営基盤を確立したのち、多様性を活かし能動的に動き適材適所で活躍する中、いかなる時代でも地域の発展へと率先して行動することから未来を切り拓き、この地域で「すきなことができるまち」を創造します。

<事業計画>

1.諸会議・事務局運営及び総務管理

趣旨・目的:効果的で円滑かつ規律ある諸会議の運営環境や内部体制を整備し、メンバー個々が能力を発揮できるよう、持続可能な組織運営基盤を構築する。

方法・手段:

1)総会・諸会議の運営

2)褒章授与式・卒業式の企画・実施

3)スケジュール・提出物などの管理

4)事務局の管理・運営

5)予算書に基づいた金銭・財務管理

6)各種備品の管理・資料の保存・整理整頓

7)シャリッとさんにかかわる物品の管理・運営

8)名刺・ネームプレートの作成

9)情報共有ツールの活用・管理

10)各種書類などの見直し・作成

2.地域との協力体制構築

趣旨・目的:より一層地域に求められる存在として成長していくために、関係諸団体及び先輩諸氏との協力体制を強固にする他、他LOMとの協力体制維持を図る。

方法・手段:

1)新年交礼会の実施

2)シニアクラブ交流会の企画・実施

3)2LOM合同例会の企画・実施

4)他団体との連携協力

3.広報事業

趣旨・目的:地域に対し青年会議所運動・活動を認知してもらうために広報活動行う。

方法・手段:

1)SNS媒体の管理

2)対外紙・要覧の作成・発行


未来を担う人財開発委員会

活動方針

担当副理事長 大久保 智史

委員長 羽田野 一輝

 斜里青年会議所は現在、会員数の減少による組織力の低下を招いていることに加え、在籍年数の短いメンバーが多くなり、青年会議所の理念が薄れつつあります。今後、変化する社会の課題を解決できる新たな可能性を広げられるよう新たな会員を迎え、また、在籍する会員が組織理念を追求し、目的を明確化し実現できる組織となり、行動として地域住民や家族へと伝え、共感を生み出す魅力ある組織へと成長、発展していく必要があります。

 まずは、地域から共に運動・活動を展開する仲間を集めるために、拡大マニュアルを作成し会員拡大の事例や心構えを定期的に学び、拡大の意味や楽しさや理解を深め、魅力を伝えられるメンバーに成長することで、一人でも多くの会員拡大につなげます。そして、個々がもつ能力をいかんなく発揮し、地域を先導するリーダーとして様々な事業を展開し続ける組織となるために、改めて会議所の理念を学び目的の再認識を進めメンバー間の意見交換を行い、会議所に参加する目的を明確化し積極的に参加したい組織を作ることで、一致団結した強固な組織を目指します。さらに、アカデミーが一日も早く地域にインパクトを与える事業を展開する能力を習得するために、会議所の仕組みや目的について学ぶことに加え、様々な事業へ積極的な参加を推進しサポートすることで、明確な目的意識をもったアカデミーを育成します。また、日頃から協力して頂いているメンバー家族に我々の運動・活動に対して更なる理解を深めるために、メンバーと家族との交流の場を設け、親睦をより深める機会を提供することで、今まで以上の後押しを得られる環境を構築します。

 同じ志をもったメンバーが一致団結し組織を強固なものとしたのち、地域を先導するリーダーとして信念をもてるよう成長を促すことが青年会議所の役割であり、社会課題解決能力を組織として高めることが、明るい豊かな社会の実現につながると確信しております。

<事業計画>

1.会員拡大の実施

趣旨・目的:組織を存続し地域に対して共に運動・活動を展開する仲間を集めることを目的とします。

方法・手段:

1)会員拡大の手法事例や心構えについて学べる拡大マニュアルの定期的な作成、配布

2)三町を巻き込んだ広域的な交流会の実施。

2.メンバーの意識醸成事業の実施

趣旨・目的:個々がもつ能力をいかんなく発揮し、地域を先導するリーダーとして魅力的な事業を展開し続けていく組織となることを目的とします。

方法・手段:

1)会議所の理念や目的を改めて学び、メンバー同士の意見交換を行うことで会議所に参加する目的を明確化し参加意欲を向上させるセミナーの実施

3.アカデミー育成の実施

趣旨・目的:アカデミーメンバーが一日も早く地域にインパクトを与える事業を展開できる能力を身につけてもらうことを目的とします。

方法・手段:

1)アカデミーLOM内出向の企画・実施及び各事業への参加サポート、

2)アカデミー勉強会の実施。

4.家族例会の実施

趣旨・目的:メンバーと家族との交流を深め、更なる活動運動への更なる後押しを得られる環境を構築することを目的とします。

方法・手段:

1)家族例会の企画・実施。


スポーツライフ委員会

活動方針

担当副理事長 吉野 駿平

委員長 鈴木 湧生

 全国各地でスポーツによるまちづくりの意識が高まっており、プロスポーツチームがまちを支え、教育に貢献する、さらには地域に新たな経済効果を生み出すケースも珍しくありません。この地域でも多種多様な団体やサークルが活発に活動を行っており、地域住民と一緒に「すきなことができるまち」の実現に向け、誰もが同じ空間で楽しむことができるスポーツの可能性を、地域の課題解決やブランディングにつなげていく必要があります。

 まずは、地域の誰もがスポーツに親しみをもち、取り組んでいく可能性を模索し広げていくために、近年様々な人たちが楽しめるスポーツとして活用されている競技に触れられる機会をつくることで、多様性が尊重される現代社会の中でも、時代に合った形で地域住民が主体的に、様々なハンディキャップを越えた新しい競技に取り組むことを促します。そして、この地域には少子高齢化が進んでいる時代においても日々努力と研鑽を積む学生が多くおり、そのような若者たちの成長を支えるために、地域住民と一致団結して課題を乗り越え、ともにスポーツに取り組み、支援を促すことができる環境をつくることで、地域団体やサークルがより活性化し、スポーツに対するモチベーションを高める機会を提供します。さらに、すべての人々がスポーツにアクセスできるまちづくりの実現を目指していくために、コロナ禍に終わりの兆しが見え、町内の活気が戻ってきつつある現在、地域の方々の誰もが同じ場所で観戦し応援できる環境をつくることで、地域の人々が気軽にスポーツに親しみ共感しあうことができる機会を提供し、さらなる地域の活性化を促します。

 スポーツをする、ささえる、みる。この3つをテーマとし、一致団結して取り組み、その先は、この地域におけるスポーツの価値が向上し、新たなコンテンツへの取り組みと時代の変化に合わせた持続可能な地域へと発展できる、元気で笑顔溢れるまちを創造します。

<事業計画>

1.スポーツを「する」事業の実施

趣旨・目的:誰もが楽しく取り組めるスポーツに触れる機会を提供することを目的とします。

方法・手段:スポーツ体験事業の実施

2.スポーツを「ささえる」事業の実施

趣旨・目的:日々努力を重ねる若者たちの成長の機会を支えることを目的とします。

方法・手段:JC杯の実施

3.スポーツを「みる」事業の実施

趣旨・目的:誰もがスポーツを観て共感しあう機会を提供することを目的とします。

方法・手段:スポーツ観戦事業の実施


祭事部会

活動方針

担当副理事長 阿部 大介

 昨年から多くのイベントが再開し、地域に賑わいが戻ってきました。この盛り上がりを持続し、活動自粛以前の活気を取り戻していけるように、メンバーが一丸となって数多くあるイベントを活発に取り組める体制を整えていく必要があります。

まずは、地域諸団体との連携が負担とならないために、メンバー内で役割を分担し、円滑な連携体制を構築します。そして、地域の活性化につなげていくために、地域との協力体制を構築し、連携を強固にしていくことで、参画する地域事業を盛り上げていきます。さらに、活動自粛前の活気溢れるしれとこ斜里ねぷたを取り戻すために、地域からの参加

協力を促し、お囃子の練習を行い、山車の点検や整備など計画的に準備を進めることで、運行体制の強化を図ります。また、しれとこ斜里ねぷたを継続的に運行していくために、地域諸団体の協力を得て、地域住民の興味や関心を深められるように、ねぷたの魅力を発信していくことで、次世代に継承を促します。

 地域に寄り添い、斜里青年会議所が参画する多くのイベントを盛り上げ、まち全体が笑顔であふれ、元気で活気を取り戻したその先には「明るい豊かな社会」の実現につながるものと確信しています。

<事業計画>

1.地域事業の協力依頼対応

趣旨・目的: 地域の活性化を目的とします

方法・手法:

1)事業への参加・協力調整

2)委員会ごとに役割分担

2.しれとこ斜里ねぷたの運行実施

趣旨・目的:しれとこ斜里ねぷたの継続を目的とします。

方法・手法:

1)お囃子練習実施

2)地域諸団体の協力依頼および一般参加の募集

3)ねぷたの魅力発信