活動方針

総務室

担当室長 大槻英人

 斜里青年会議所は、65年もの間培ってきた地域からの信頼とそれを裏付ける実績があります。そして我々には、その信頼を絶やすことなく次世代につなぐ責務があります。その責務を全うするためには、会員減少という状況を乗り越えなくてはいけません。

 会員が減少すればするほど、今まで通りの運営を行っていては一人ひとりの負担が大きくなり、さらなる会員の減少という悪循環が起こります。時代の潮流に合わせ、効率化や時短になりうるようなテクノロジーを活用するなど仕組みを再考し、負担が軽減できる制度を導入して、会員それぞれが能力を発揮できるような環境を構築することが、総務室に必要な役割であると考えます。

 総務室のもう一つの重要な役割として、広報及び渉外活動があります。ウェブサイトやソーシャルネットワークを通じて、斜里青年会議所の運動・活動を広める広報活動は、会員の拡充や理解者の創出につながると考えます。そして、私たち斜里青年会議所のみでは地域をよりよくしていくことはできません。地域の他団体と相互協力を行い、より力強い渉外活動を行う必要があります。

 総務室は、組織の運営と広報・渉外活動といった、組織の内側と外側をつなぐ役割を担います。このつながりをより強固にすることにより、会員の所属意識を高め、自覚的な行動を促し、斜里青年会議所としてのアイデンティティを確立し、一貫した斜里青年会議所という存在を地域へと示していきます。


つなげる委員会

委員長 桑島知宏

活動方針

 斜里青年会議所は、65年もの間長きに渡り先輩諸氏から受け継がれてきた輝かしい実績があります。しかし、近年の会員減少により我々の運動・活動も規模を縮小せざるを得ない厳しい現実に直面しています。この現実を真摯に受け止め、組織としての運営基盤を確立する必要があると考えます。

我々がより良い組織運営を考える中、会員ひとり一人や委員会の負担を軽減する為にも、活動しやすい環境を整える必要があります。情報処理の効率化を図り、時短かつ生産性のある運営をしていく事により、規律ある会議運営や例会運営が円滑に進むと考えます。

 次に、斜里青年会議所の活動をより一層浸透させる為に、ホームページ・ソーシャルネットワーク等のコミュニケーションツールを活用し地域へ幅広く発信していきます。我々の活動内容を対外に発信することにより、地域への理解を得ることや会員拡大、JCファンを増やすことにも繋がると考えます。

これまでと同様に、長年関わってきた地域事業に継続して参加・協力を行い、新しい地域事業に対しても、相互協力を行い継続した関係を構築します。地域に何を求められているかを考え他団体と相互協力する事で、より良い関係構築を目指し地域の発展に寄与する為、積極的に渉外活動を行っていきます。

最後に、会員ひとり一人や組織として地域住民・他団体・町政を「つなげる」ことにより連携を深め、地域に今まで以上必要とされる組織になると確信します。


事業計画

1.総務・事務局に関する事項

趣旨・目的:運営基盤を見直し確立することでメンバーの負担軽減、効率化を図り時短かつ規律ある会議及び例会運営を行うため組織運営を行う。

方法・手段:

  • 総会の運営
  • 新年交礼会の企画・実施
  • 褒賞授与式・卒業生を送る会の企画・実施
  • 事務局の管理・運営
  • 予算書に基づいた財務管理
  • 各種備品の管理・資料の保存
  • 名刺・ネームプレートの作成
  • 年会費・登録料等の早期納入促進
  • 各種資料等の提出期限厳守の周知及び事前配信の徹底
  • SNS・ドロップボックス等の情報共有ツール利用による会員間の連絡手段の効率化
  • シャリッとさんの管理・運営
  • JC電子要覧の編集・発行

2.広報事業

趣旨・目的:地域住民、他団体、町政に対して活動・運動を認知してもらうための広報活動を行う。

方法・手段:

  • ウェブサイト・ソーシャルネットワークの運営・管理
  • 対外紙の作成・発行
  • メンバーとの広報の効果的な手法の意見集約

3.地域事業

趣旨・目的:地域の発展に寄与するために他団体と相互協力し繋がりを強固なものにするための地域活動を行う。

方法・手段:

  • 知床S-1自慢まつりへの参加・協力
  • 楽市・楽座への参加・協力
  • しれとこハロウィンへの参加・協力
  • その他地域事業への参加・協力

まちづくり推進室

担当室長 中村祐介

 斜里青年会議所が目指すべき指標としてこの地域の発展、ずっと住み続けられる安心の地域に近づける運動が必要であります。青年会議所の基本理念「明るい豊かな社会」の実現に向け、今の時代に即したまちづくり運動を展開してまいります。

 昨今、自然災害や天災など異常気象の連続から想定の範囲を超えた災害に日本列島が襲われています。いつ遭遇するか分からない事案に対して日頃からの備えが必要であります。また、地域からこの点を鑑みるとより地域で連携した防災ネットワークの確立も急務であるのではないかと考えます。様々なアプローチを検討し地域にとって確かな一助となる枠組みを検討していきます。

 また、地域に住み続けられる環境を整備し続ける取り組みがより一層必要であると考えます。地域の課題として人口減少があります。この案件は様々な側面がありますが、クローズアップしていくと若者世代の既婚率の低下や晩婚率の上昇が挙げられると考えます。またどんなにこの地域に愛着があっても、住み続けられる地域にしていかなければ人口の流出は増える事が懸念されるはずです。

 これらの諸問題に対し、諦めるのではなく、一歩でも前進できる前向きな発想と思い切ったアプローチが不可欠であります。

 地域の未来の為、私たちにできる事を率先して挑戦していくべきであり、意識の輪をより多くの地域住民に伝え、波及させていく事ができる前向きな青年会議所運動を推進してまいります。


地域未来推進委員会

委員長 大久保智史

活動方針

 65年続く斜里青年会議所の歴史で、先輩諸氏は様々な運動を行い、その時代ごとの環境変化や課題解決と向き合いながら、青年会議所運動を展開してきた中で、当委員会として、改めてまちづくりとは何かについて考えてみました。

 人口減少や労働力不足、少子高齢化、教育、医療、福祉、災害など考えれば考える程問題は山積みですが、その中でも、近年、大規模な地震や台風被害等が日本各地で頻繁に起こっています。まちづくりを行うにあたって、この有事に負けない安心・安全なまちづくりが必要であると考えます。

 この問題から地域を守るために我々ができることは、自分自身や地域の住民を守る方法を模索し、被害を最小限に抑え、損害を減らすことだと考えます。そして、地域を守るための知識を得て、緊急時に何ができるのかを考案し学ぶことです。また、地域を守るためには、地域一丸となって活動し、手を取り合いながらお互いの情報を共有し、それぞれが行動すべきことを考え協働していくことが必要です。そのためには、地域間でのネットワークの確立や青年会議所として、地域との役割を明確にし、実行していく必要があります。

 斜里青年会議所として、まちづくりを行う上で地域コミュニティとの連携や、協力体制を築きあげ、地域に向けて働きかけ行動していくことが地域と我々を繋ぎ、安心・安全に暮らせる未来に向けたまちづくりとなり、「明るい豊かな社会」の実現に繋がると確信致します。


事業計画

1.災害時における地域との協力体制の確立

趣旨・目的:災害時における地域との連携を密にするための、継続的な協力体制の確立。

方法・手段:

  • 民間・行政を繋ぐ防災ネットワークの確立、役割の明確化

2.斜里青年会議所の防災知識向上

趣旨・目的:災害時に青年会議所としてバックアップできることを学び、実行に移せる知識を得る。

方法・手段:

  • 地域コミュニティと協力した、防災に関する学習会の実施

地域未来推進委員会

委員長 松野真也

活動方針

 本年で65周年を迎える斜里青年会議所の歴史は、地域のために先輩諸氏が長きに渡り築き上げてきた気概ある青年会議所運動や活動並びに地域との共存共栄によるものであります。青年会議所が継続して地域課題解決に寄与するための運動を行うには、時代背景に即した地域課題を見出し、地域の方々及び地域団体等と協働するなか、より一層効果のある青年会議所運動を推進していく必要があります。

 この地域課題の一つとして、現在社会問題となっている人口減少があげられます。人口減少は少子高齢化や若年層流出、出生率低下等が起因となっており、人材不足や生産性の低下、所得水準の低下等へと繋がり地域経済が低迷する要因となっております。この地域経済の低迷が人口減少を加速させるという負のスパイラルを引き起こし、地方財政、消費、産業、教育等あらゆる分野に波及していきます。また、非婚化による既婚率の低下、晩婚化等も人口減少の要因となっており、青年会議所として地域団体及び企業等が連携し協働するなか事業構築を行い、このような地域課題解決に寄与するための運動を展開していきます。

令和という新たな時代を迎え、青年会議所が地域課題解決に寄与し、更なる地域未来の発展へと我々JAYCEEが率先して行動し地域と共に協働するなか、運動を推進していくことで、「持続可能な地域」への原動力となり、ひいては「明るい豊かな社会」の実現に繋がるものと確信しております。


事業計画

1.人口減少等の地域課題解決に向けた運動の推進

趣旨・目的:地域経済の低迷要因となっている人口減少問題について、青年会議所運動として事業構築を行い、実施する事で地域課題の解決に寄与する。

方法・手段:

  • 人口減少対策に向けたイベントの検討・実施
  • 地域他団体及び企業等との連携・協働

未来を担うひとづくり室

担当室長 木村有起

 斜里青年会議所は「明るい豊かな社会」の実現向けて、65年の長きにわたり運動を行ってまいりました。令和という新たな時代へと歩みを進める中、この地域が持つ歴史や豊かな自然に現代の価値観を取り入れ、後世につないでいく必要があります。また、日々変化する情勢に柔軟に対応できるひとづくりを行う必要があります。

 そのためには、会員を含む地域の青年に学びの場を提供し、物事を的確にマネジメントする力を身につけ、この地域で経済活動を行う一人の青年経済人として、地域経済の発展に寄与します。そして、我々が住むこの地域は、世界自然遺産「知床」を有し、世界中の人達を魅了し続け、年間100万人以上の観光客が訪れます。この素晴らしい大自然を、地域の未来を担う子供たちと共に触れることで、会員の自然環境に対する意識の向上を図り、子供たちの郷土に対する自信と誇りを醸成します。また、青年会議所運動を行える根底には、理解し支えてくれる人たちの存在があります。その事を決して忘れず、日頃から支えてくれている方々に感謝の気持ちを確かな形で示します。

 以上のことを通じ、地域を導く人材を「つくり」、今まで築いてきた歴史と財産を次世代に「つなぎ」、支えていただいている方々や地域の未来を担う人材に「つたえ」ます。そのことが、我々が住む地域のさらなる発展の原動力となり、ひいては私たちの掲げる「明るい豊かな社会」の実現に繋がると確信いたします。


未来へつなぐひとづくり委員会

委員長 佐久間伸幸

活動方針

 斜里青年会議所は「明るい豊かな社会」の実現にむけ、地域とともに65年間歩んでまいりました。年号は「令和」と変わり、日々我々も歩み続けております。ネットワークの発展とともに、個人の価値観の多様化が進み人間関係が希薄となりつつある今、我々斜里青年会議所に求められるリーダー育成を時代に合ったものへと進化させ、後世へとつないでいく必要があります。

 斜里青年会議所のメンバーが「明るい豊かな社会」の実現のため運動を行う為には、自身の在籍している企業の経営を確かなものにし、公私ともに豊かな心をもって行う必要があると考えます。その為には、経営学や情報処理など様々なマネジメント能力を身に付け日々実行する能力や、様々な問題に直面した時に分析し解決方法を導き出す「人間力」が必要だと考えます。また組織の枠を取り払い、斜里青年会議所のメンバーと地域の青年が共に学び交流する機会を設け、地域と共に成長する事がこれからの斜里青年会議所の研修事業に必要だと考えます。

 今年度、当委員会では地域の青年経済人向けの参加型の経営に関する研修事業を企画・実施いたします。事業の企画・実施を通じて地域の青年経済人と斜里青年会議所メンバーが成長し、地域や自身が直面する様々な問題の提起や、それを解決に導いていく力を養います。一人一人の成長が大きな力となり、その力を発揮する事が持続可能な「ひとづくり」「地域づくり」につながると確信します。


事業計画

1.マネジメント研修事業の企画・実施

趣旨・目的:

  • 事業の構築をアカデミーで中心に行い、即戦力となれるよう導きます。
  • 事業を通して経営学や分析力を学ぶことで町や自身が直面する様々な問題の提起や、解決に導く力を養う事を目的とします。また、地域の青年経済人も参加できる事業構築を行い、学びの機会の提供を行います。

方法・手段:

  • 講師例会の企画・実施

未来へつなぎひとづくり委員会

委員長 白石明

活動方針

 斜里青年会議所は、65年の長きに渡り地域の発展の為に運動を行ってまいりました。我々が住んでいる知床は様々な自然環境があります。2005年にはユネスコの世界自然遺産に登録され年間100万人以上の観光客が訪れています。しかし、この地域に住んでいる人には当たり前の光景になっている知床の魅力について、今一度考える必要があるのではないでしょうか。

 特にこの地域の将来を担う子供たちに世界自然遺産である知床の魅力を見つめ直してもらうことにより、我々が住んでいる地域の素晴らしさを学習する機会が必要だと考えます。その為に、知床の様々な景観、植物、野生動物を子供たちとともに触れることで地域の良さを再認識してもらう事業を構築します。

 世界自然遺産の素晴らしさが体験できる場を、地域の未来を担う子供たちに設け、学習することで会員と子供たちが知床の自然環境に対する意識の向上を図ります。素晴らしい大自然があるこの地域に住んでいるからこそ、自然への感謝の気持ちを次世代につないでいきます。

 私たちは魅力ある自然とともに暮らしています。みどりと人間の調和を求め、その魅力を学ぶことにより、この地域に住む子供たちの自信と誇りを醸成することで郷土への帰属意識につなげます。他の地域で活動をしたとしてもその自信が核となり、自分自身の成長の糧となり、「明るい豊かな社会」の実現へ牽引出来る、「未来へつなぐひとづくり」になると確信します。


事業計画

1.知床の自然学習の場を企画・実施

趣旨・目的:子供たちに知床の魅力をつたえ自信と誇りを醸成することで郷土への帰属意識を高める事を目的とします。

方法・手段:

  • 子供たちへ学習の場を提供
  • 事業検証

部会

65周年部会 

部会長 上西暢泰

活動方針

 斜里青年会議所は1955年に、熱い志を持った青年達によって国内で75番目の青年会議所として誕生して以来、本年で創立65周年を迎えます。我々は、先輩諸氏から連綿と引き継がれてきた不変の志を継承しながらも、過去に囚われずに、今後の地域の未来を見据えて課題に取り組み、明るい豊かな社会の実現に向けて、挑戦を続けて行かなければなりません。

 この65周年の節目に、今日まで先輩諸氏が紡いできた歴史や思いを引き継ぐためにも、まずは、先輩諸氏の過去の運動・活動を振り返る必要があると考えます。過去を振り返ることで帰属意識を高め、メンバー全員で団結し周年を行う意義を理解・共有します。

 また、我々が地域に根付いた運動・活動を継続的に行うためには、地域の皆様と他団体の理解と協力が必要不可欠であります。斜里青年会議所が今後も地域の皆様に必要とされる組織であり続けるためにも、創立から今日まで我々の運動・活動に理解を示し、支えて下さった全ての皆様に対して感謝と尊敬の意を伝える場を作ります。そして、5年後の70周年とその後の明るい未来の創出に向けた方針を発表するとともに、その方針に基づき、今後の地域の明るい未来に向けた事業を実施します。

 この一年間を先輩諸氏からの志のバトンを今一度メンバーに受け継ぐ機会とするとともに、地域の皆様と我々が力を合わせて、更に発展するための第一歩にできるよう一丸となって運動・活動して参ります。


事業計画

1.斜里青年会議所65周年記念式典・大懇親会の企画・実施

趣旨・目的:今日までの運動・活動を支えて下さった全ての皆様に感謝をささげ、懇親を深めるとともに、斜里青年会議所の今後の方針を打ち出し、ご理解頂くことを目的とします。

方法・手段:

  • 記念式典・大懇親会の企画・実施
  • 斜里青年会議所65周年記念事業の企画・実施

趣旨・目的:今後の地域の明るい未来に向けた事業を構築し実施する。

方法・手段:

  • 記念事業の企画・実施

ねぷた部会

部会長 阿部大介

活動方針

 本年、しれとこ斜里ねぷた祭りは38回目を迎えます。斜里青年会議所は、初回より連続出陣を行う唯一の団体として運行を行ってきました。これは先輩諸氏の熱い想いの積み重ねであり、伝統ある連続出陣の功績に対して、尊敬の念を持ち、現役会員一丸となってこの熱い想いを紡いで行かなくてはなりません。

 近年、ねぷた祭りは参加団体・観客動員数の減少が問題となっています。各団体の担い手・運営者の不足等様々な背景があります。

 その問題を解決するためには、改めて地域住民へねぷた祭りの伝統と魅力を伝える事が必要です。魅力を伝える一番の近道は、なによりも参加する事であると考えます。まずは斜里青年会議所が、参加しやすい場を提供することによって、参加者の拡大を目指します。

 また、扇ねぷた等の補修作業やお囃子の練習を、現役会員で効率的に行えるようにいたします。これからもねぷた祭りに参加し続けるためには、今一度会員ひとり一人が担う役割を明確にすることが必要です。会員一丸となって取り組む計画を再構成していきます。

 ねぷた祭りを「つくり」上げる過程で、会員や地域住民と「つながり」、伝統や魅力を「つたえる」ことによって、参加者・観客動員数が拡大し、活気ある祭りになると確信します。そして斜里青年会議所は、唯一の連続出陣団体として誇りを持って、会員はもとより、地域全体を巻き込んでねぷた祭りを盛り上げていけるよう、全力で邁進してまいります。


事業計画

1.ねぷた山車の補修・作成

趣旨・目的:ねぷた山車の損傷が著しいため補修作業を行い、そのつくり上げる過程を楽しみ、ねぷた祭りの魅力を全体で実感できるようにする。

方法・手段:

  • 扇ねぷたとシャリッとさん山車の張り替え・補修
  • 補修作業の担当制の導入・割り振り

2.ねぷたの運行

趣旨・目的:地域住民とつながり、参加者・観客動員数を拡大し、ねぷた祭りの伝統と魅力をつたえる。

方法・手段:

  • 他参加団体との合同練習の検討
  • 他団体への参加呼びかけ
  • ねぷた運行列配置順、お囃子パートの確認

3.ねぷたの引き継ぎ

趣旨・目的:先輩諸氏の熱い想いをこれからも滞りなくつたえ続けることを目的に、この先誰もが担当できるように引き継ぎの強化を行う。

方法・手段:

  • ねぷた山車の寸法確認
  • 各種データ整備・保管
  • ねぷたマニュアルの更新

花火部会

部会長 中村 祐介

活動方針

 斜里青年会議所は本年で65年の月日を迎え、新たな方向性に向かい運動を行っていきます。昨年は地域事業として愛郷心あふれる地域を創造するべく、第1回知床しゃり花火大会を新規事業として立ち上げる事ができました。決して多くはない会員数であっても、会員個々が前を向き、考え、行動し、ひたむきに挑戦する事で会員個々の成功体験にできた事業であったと考えております。

 斜里青年会議所はまちづくりが運動指針の大きな柱の1つであります。地域の発展を鑑みる時、そこには必ず次代を担う子供達がターゲットとして存在します。子供達が地域に愛着を持って過ごす事が何より大切であると考えます。私たちにできる事の1つとして子供達に思い出の1ページを提供し子供達の笑顔があふれる地域を創造していく事であると考えます。

 また、昨年の事業開催にあたり、斜里青年会議所シニアクラブの皆様、多くの団体・有志の方々のご協力を賜り、本事業を通じた力強い繋がりを得る事ができました。

本年の事業構築においても、昨年の成功点・至らなかった点をしっかりと精査し、斜里青年会議所会員のみならず多くの協力団体・有志の皆様からの意見・要望を取り入れ、事業を行っていきたいと考えております。

 本事業を通じて、愛郷心あふれるまちづくりの一助に繋がり、笑顔あふれる子供達を増やしていく事ができ、その積み重ねが「明るい豊かな社会」の実現への確かな一歩になる事を確信いたします。


事業計画

1.知床しゃり花火大会の評価・改善

趣旨・目的:成果・反省点・課題を共有し事業の更なる成功へ向けた方向性を打ち出す。

方法・手段:

  • 協力団体・有志との合同会議の実施。
  • 実行委員会組織の立上の検討。

2.第2回知床しゃり花火大会の企画・実施

趣旨・目的:評価・改善を行い満足度の高い花火大会を実施する。

方法・手段:

  • 第2回知床しゃり花火大会の企画・実施
  • 事業検証・評価